忍者ブログ
チラシの裏~勇者でいこう
ヘタレな勇者のブログ

 今日のSINoALICE(シノアリス)はどうかな?


 密猟者達ノ宴ガチャで、SSの観測の書、Sの迷いの槍、偽善の証、Aの誓約の短剣、乙女の純真、盲信者の怨念、災いの弓、邂逅の逡巡、賢者の杖、夢幻の魔書をゲット!


 「アサリが食べタイのデス」
 人形たちのたったその一言で、強引に水着へと着替えさせらえたいばら姫は呆然としている。
 その横で、人魚姫はバケツと熊手を悲しげにいじっていた。
 「水の仲間を獲るなんて可哀想」
 「まあいいか、アサリはお味噌汁にすれば睡眠効果も高まるって聞いたし」
 「私、可哀想」
 話がかみ合わないまま、二人は砂浜を歩き始めた。


 「ぼ、ぼくは悪いアサリじゃないよぅ」
 幼いアサリは、大きな目にいっぱいの涙をためている。
 「こんな小さい子を食べても、きっとおいしくないわ」
 「そうです。こんなの可哀想・・・」
 期せずしてアサリをかばう発言に、二人の姫は顔を見合わせてた。


 助けた幼いアサリを前にして、ギシンとアンキは二人の姫に耳打ちをした。
 「ヨクボウを叶えてくれナイと、永遠に潮干狩りをサセますヨ?」
 いばら姫と人魚姫は溜息をついて、幼いアサリに声をかけた。
 「一緒に、お母さんを探しましょう?」


 幼いアサリは命を救ってくれた二人の姫にすっかり懐いていた。
 二人の周りを飛び跳ねるようについてくる無邪気なアサリに、いばら姫と人魚姫は苦笑していた。
 「弟がいたら、こんな感じかな?」
 「母に姉に弟に・・・なんだが、私達家族みたい」
 でも、いばら姫は人形たちの言葉を思い出していた。


 「あの子ヲ親元に帰ス振りをシテ、一網打尽にしまショウ!」
 「れっつアサリパーティ!」
 はしゃぐ人形たちに、姫たちは顔をしかめた。
 それに気づいたのか、ギシンとアンキはさらに耳打ちをする。
 「言ウ通りにシタら、魔晶石をあげまショウ!」
 「・・・ほんと、酷い話」
 いばら姫は溜息をついた。


 (この子を親元に帰したら、みんなその場で捕まえられて、ギシンとアンキに食べられてしまうう)
 (でも、そうしないと私たちは永遠に潮干狩り・・・)
 いばら姫と人魚姫は、抱いたことのない罪悪感に悩まされていた。
PR
前の記事るつぼの都
次の記事るつぼの都 ラップロー
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
プロフィール
HN:
弐位
性別:
非公開
職業:
中間管理職
趣味:
もちろんゲーム
自己紹介:
 ヘタレ勇者です。更新は気の向くまま、3日坊主で終わることもアリ。
ゲーマーズタグ
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/18 BlogPetのゴーシュ]
[10/11 BlogPetのゴーシュ]
[08/23 ラテ]
[07/06 BlogPetのゴーシュ]
[07/05 弐位]
アルカナ・コレクション
 いい勝負しようぜ!
アクセス解析
バーコード
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック