忍者ブログ
チラシの裏~勇者でいこう
ヘタレな勇者のブログ

 今日のSINoALICE(シノアリス)はどうかな?


 俺とフィアは、王都から離れた小さな農村で、いつも一緒だった。
 いずれは二人でこの小さな村を救うのだと思っていた。
 だが、自分とフィアの間にある大きな差に気付いてしまった。
 「国に巣食う全ての貧困をなくしたい。その過程でこの村も豊かになる。」
 フィアの夢を聞くまで、この狭い場所でさえも、一番になれない自分のことを恥じていた。
 アイツが俺の前にいるうちは一番になれない。そう感覚で悟った瞬間だった。
 いつも俺の前を歩いていた。
 いつもアイツの周りには人が集まっていた。
 誰もがアイツを好きだった。俺自身も・・・
 でも、もう追いかける事すら難しくなってしまった。
 もう、疲れてしまった・・・
 そんなアイツと久しぶりに再会したとき、珍しくフィアは俺に頼み事をしてきた。
 かつて共に平和な世界を望んだ親友の頼み事とあれば承諾しないわけにはいかなかった。
 「俺にもしものことがあったら、その時はお前に任せた」
 それがアイツと交わす最後の言葉となった・・・


 結局俺はアイツを裏切った。
 アイツが民を守るために立てた計画を教団に売ってしまった。
 でも、ようやくアイツの上に行くことができた。


 称号:四百階層突破をゲット!
PR
前の記事第28章 アヴェンジャー
次の記事砂塵ノ想イ
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
プロフィール
HN:
弐位
性別:
非公開
職業:
中間管理職
趣味:
もちろんゲーム
自己紹介:
 ヘタレ勇者です。更新は気の向くまま、3日坊主で終わることもアリ。
ゲーマーズタグ
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/18 BlogPetのゴーシュ]
[10/11 BlogPetのゴーシュ]
[08/23 ラテ]
[07/06 BlogPetのゴーシュ]
[07/05 弐位]
アルカナ・コレクション
 いい勝負しようぜ!
アクセス解析
バーコード
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2
7 8 9 10 11 12
13 14 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック