忍者ブログ
チラシの裏~勇者でいこう
ヘタレな勇者のブログ

 今日のかまいたちの夜 特別編はどうかな?

 33まではコチラ

 34:「じゃあもう会えないわね」

 →「やっぱちちょっと・・・」

 香山さんは許してくれそうにない・・・

 そこへ香山の妻の今日子がやってきて、香山をなだめてくれた。

 36:小林の「君たちもビールを飲むか?」

 A→「ぼくも少しだけ」

 オーナーが食堂のキッチンに消えた同時に、窓の外でドサっと何かおもたいものの墜ちる音がした。

 驚く透に、雪が落ちた音だと話す真理。

 外を見ると、車のヘッドライトが近づいてきた。

 「すみません、美樹本です」と声が響く。

 オーナーが食堂から走ってきた。

 オーナーはビールをテーブルに置くと、フロントへダッシュした。

 夕食は終わってしまったが、おにぎり程度は用意できるがどうします?とオーナーが聞くと、美樹本は途中で食べてきたからいいと断る。

 代わりに美樹本は、紅茶をオーナーに頼み、談話室でいいと話す。

 美樹本が部屋に荷物を置きに行っている間に、透、真理、香山はビールを乾杯する。春子はビールに手はつけていない。

 鳩時計が8時半を告げる。

 38:「ぷはーっ。最高のぜいたくや。」

 A→「そうですね」

 そこへ、美樹本がやってくる。

 今日子とみどりも、ティーポットとカップを持ってやってきた。

 田中は人付き合いが好きではなさそうでないのでスルーして、OL3人組をお茶に誘うみどり。3人組も来るとの返事。

 39:みどりの言葉づかい

 A→黙っている透

 今日子は3人組のお茶を用意しに台所へ。

 3人組が降りてくると同時に、今日子が紅茶を持ってやって来る。

 俊夫はテレビをみているので、今はいらないとのこと。

 鳩時計が9時を告げる。

 あんなことがあって不気味だと話す亜希に、何のことと尋ねる美樹本。

 40:鳩の鳴く夜

 A→大雪で閉じ込められて、飢え死にって話しをしてたんです

 そんな、まさかと美樹本は笑う。うまくごまかせたと透は思った。

 その時、窓ガラスの割れる音が聞こえた!

 オーナーが走り出す。

 しばらくして俊夫といっしょに戻ってきて、1階は異常は無いと知らせに来る。

 そして、各自の部屋を確認してほしいと言ってきた。

 透、真理、香山夫妻、3人組もそれぞれの部屋を確認し出てきたが、異常は無い。

 空き部屋を調べていたオーナーも異常がないことを確認して出てきた。

 残りは田中の部屋だけだ。

 オーナーは田中の部屋をノックするが返事がない。しかも、部屋の中から風の音が聞こえる。

 ドアには鍵がかかっていたが、オーナーは合鍵をつかってドアを開けた。

 開け放たれた窓から雪が吹きこんでいるが、人影は無い・・・

 オーナーはバスルームを覗いてみるが、田中はいない。

 窓はガラスが割れて、窓枠だけになっている。

 そして、窓とベッドとの間の床の上に、マネキン人形の部品のようなものが落ちていた。手首に、足首、顔の近くにはサングラスが・・・人間のバラバラ死体だ転がっていた!!!

 10分後、死体となった田中以外の全員は、談話室に集まっていた。

 透は、田中の部屋にバラバラ死体があることをみんなに告げる。

 美樹本がかまいたちの話を始める。この辺りでは、昔から、なにもないところで突然服が切れたり、ケガをしたりすることが知られている。土地の人間は、鎌を持ったイタチのような生き物のしわざだと考えて、かまいたちと呼んでいた。

 真理は、かまいたちは、深紅状態が発生して切れたりする自然現象だと反論する。

 啓子は、脅迫状があったのだから、人間のせいだろうと話す。

 香山が、脅迫状って何?と聞いてきたので、説明する透。

 警察に連絡することを思い出したオーナーは受話器とるが、すぐに電話が繋がらないと叫ぶ!

 香山が携帯電話を持っていると話すが、オーナーはこの辺りは電波が届かないと答える。

 人殺しがうろついてるのに、どうしたらええねんと話す香山。

 こんな吹雪では、犯人も逃げられないと話す俊夫。

 犯人はペンションの中にいる?

 犯人は窓から入り、田中をバラバラにし、ドアの内側のボダンを押して外に出、ドアを閉めロックをかけ、ペンションの中へ入りこんでいるのか・・・

 男性陣5人で、ペンション内を捜索することになった。

 46:何階から調べる

 A→1階から

 1階には、談話室以外に、食堂、キッチン、スタッフルーム、オーナー夫婦の部屋、乾燥室がある。

 結局、1階全部の部屋を見て回ったが、誰もいない。

 2階の客室も調べるが誰もいない。

 廊下の突き当たりの物置から、物音が聞えた!

 物置のドアを開けると、ネコが飛び出してきた。飼いネコのジェニーだと、俊夫が話す。

 あとは鍵のかかったワイン蔵だとオーナーは言う。

 談話室に戻り、誰もいなかったと報告するとみんなほっとする。

 51:犯人は窓を割って入ったか?

 →もっと前からペンションの中に入り込んでた

 52:死体の処理方法

 →できるわけない

 53:犯人の侵入方法

 →正面から

 54:犯人のめやす

 →僕でも真理でもない

 55:犯人はこいつだ!

 たなか

 透は、バラバラ死体は宿泊客の田中じゃないと推理する。

 スキーバックに入れられて、バラバラ死体はペンションに持ち込まれたと透は話す。

 犯人は、自分のアリバイを作るため、自動的に窓が割れる仕掛けをした上で、部屋を抜け出したと話す透。

 58:窓が自動的に割れる仕掛け

 :猫のジェニー

 猫に睡眠薬入りのえさを食べさえ眠らせておく。窓は鍵を開け、窓が開かないようにつっかえ棒をしておき、そのつっかえ棒と猫の首輪をひもで結ぶ。猫が目を覚ませば、ひもをひっぱり、つっかえ棒が外れ、窓が開くと、推理する透。

 しかし、みどりが、ジェニーが鍵のかかった田中の部屋からどうやって出たのかと、つっかえ棒のひもについて聞いてきた。

 真理がわかったと叫ぶ!

 窓の取っ手にロープをひっかけて、ロープに反対側に板をつなぐ。その板を屋根に積もった雪に中に突っ込んでおく。しばらくとすると、雪が滑り落ち、いっしょに雪の中の板も落ちる。窓はロープに引っ張られて勢いよく開き、外壁にぶつかってガラス窓が割れる!板とロープは、滑り落ちた雪の中に埋もれる。犯人は、窓から飛び降りて、その間、自分のアリバイを作っておく。

 そして、真理は、サングラスをかけた田中が、つけひげをし、美樹本としてペンションに戻ってきたとは話す!

 そして、真理が、美樹本のヒゲを引っ張ると剥がれた・・・

 美樹本は真理の腕をねじり上げ盾にするが、真理は美樹本を一本背負いで投げ飛ばす!

 真理は、護身用に合気道を習っていると話す。

 気絶している美樹本をロープでしばり、ほっとする一同。

 香山は、真理に探偵事務所を開けと勧める。

 真理は、透に向かって、助手にしておげてもいいと話す。

 安堵する一方、透は、なぜ美樹本が殺人を犯したのか?そして、被害者は誰?と思ったが、警察にまかせようと思い直す。

 完

 エンディング03:真理の一本背負い

 真理の探偵物語が解禁!

 

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
プロフィール
HN:
弐位
性別:
非公開
職業:
中間管理職
趣味:
もちろんゲーム
自己紹介:
 ヘタレ勇者です。更新は気の向くまま、3日坊主で終わることもアリ。
ゲーマーズタグ
ブログ内検索
最新コメント
[10/18 BlogPetのゴーシュ]
[10/11 BlogPetのゴーシュ]
[08/23 ラテ]
[07/06 BlogPetのゴーシュ]
[07/05 弐位]
アルカナ・コレクション
 いい勝負しようぜ!
アクセス解析
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6
11
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック