忍者ブログ
チラシの裏~勇者でいこう
ヘタレな勇者のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日のかまいたちの夜 特別編はどうかな?

 33まではコチラ

 34:「じゃあもう会えないわね」

 →「やっぱちちょっと・・・」

 香山さんは許してくれそうにない・・・

 そこへ香山の妻の今日子がやってきて、香山をなだめてくれた。

 36:小林の「君たちもビールを飲むか?」

 A→「ぼくも少しだけ」

 オーナーが食堂のキッチンに消えた同時に、窓の外でドサっと何かおもたいものの墜ちる音がした。

 驚く透に、雪が落ちた音だと話す真理。

 外を見ると、車のヘッドライトが近づいてきた。

 「すみません、美樹本です」と声が響く。

 オーナーが食堂から走ってきた。

 オーナーはビールをテーブルに置くと、フロントへダッシュした。

 夕食は終わってしまったが、おにぎり程度は用意できるがどうします?とオーナーが聞くと、美樹本は途中で食べてきたからいいと断る。

 代わりに美樹本は、紅茶をオーナーに頼み、談話室でいいと話す。

 美樹本が部屋に荷物を置きに行っている間に、透、真理、香山はビールを乾杯する。春子はビールに手はつけていない。

 鳩時計が8時半を告げる。

 38:「ぷはーっ。最高のぜいたくや。」

 A→「そうですね」

 そこへ、美樹本がやってくる。

 今日子とみどりも、ティーポットとカップを持ってやってきた。

 田中は人付き合いが好きではなさそうでないのでスルーして、OL3人組をお茶に誘うみどり。3人組も来るとの返事。

 39:みどりの言葉づかい

 A→黙っている透

 今日子は3人組のお茶を用意しに台所へ。

 3人組が降りてくると同時に、今日子が紅茶を持ってやって来る。

 俊夫はテレビをみているので、今はいらないとのこと。

 鳩時計が9時を告げる。

 あんなことがあって不気味だと話す亜希に、何のことと尋ねる美樹本。

 40:鳩の鳴く夜

 A→大雪で閉じ込められて、飢え死にって話しをしてたんです

 そんな、まさかと美樹本は笑う。うまくごまかせたと透は思った。

 その時、窓ガラスの割れる音が聞こえた!

 オーナーが走り出す。

 しばらくして俊夫といっしょに戻ってきて、1階は異常は無いと知らせに来る。

 そして、各自の部屋を確認してほしいと言ってきた。

 透、真理、香山夫妻、3人組もそれぞれの部屋を確認し出てきたが、異常は無い。

 空き部屋を調べていたオーナーも異常がないことを確認して出てきた。

 残りは田中の部屋だけだ。

 オーナーは田中の部屋をノックするが返事がない。しかも、部屋の中から風の音が聞こえる。

 ドアには鍵がかかっていたが、オーナーは合鍵をつかってドアを開けた。

 開け放たれた窓から雪が吹きこんでいるが、人影は無い・・・

 オーナーはバスルームを覗いてみるが、田中はいない。

 窓はガラスが割れて、窓枠だけになっている。

 そして、窓とベッドとの間の床の上に、マネキン人形の部品のようなものが落ちていた。手首に、足首、顔の近くにはサングラスが・・・人間のバラバラ死体だ転がっていた!!!

 10分後、死体となった田中以外の全員は、談話室に集まっていた。

 透は、田中の部屋にバラバラ死体があることをみんなに告げる。

 美樹本がかまいたちの話を始める。この辺りでは、昔から、なにもないところで突然服が切れたり、ケガをしたりすることが知られている。土地の人間は、鎌を持ったイタチのような生き物のしわざだと考えて、かまいたちと呼んでいた。

 真理は、かまいたちは、深紅状態が発生して切れたりする自然現象だと反論する。

 啓子は、脅迫状があったのだから、人間のせいだろうと話す。

 香山が、脅迫状って何?と聞いてきたので、説明する透。

 警察に連絡することを思い出したオーナーは受話器とるが、すぐに電話が繋がらないと叫ぶ!

 香山が携帯電話を持っていると話すが、オーナーはこの辺りは電波が届かないと答える。

 人殺しがうろついてるのに、どうしたらええねんと話す香山。

 こんな吹雪では、犯人も逃げられないと話す俊夫。

 犯人はペンションの中にいる?

 犯人は窓から入り、田中をバラバラにし、ドアの内側のボダンを押して外に出、ドアを閉めロックをかけ、ペンションの中へ入りこんでいるのか・・・

 男性陣5人で、ペンション内を捜索することになった。

 46:何階から調べる

 A→1階から

 1階には、談話室以外に、食堂、キッチン、スタッフルーム、オーナー夫婦の部屋、乾燥室がある。

 結局、1階全部の部屋を見て回ったが、誰もいない。

 2階の客室も調べるが誰もいない。

 廊下の突き当たりの物置から、物音が聞えた!

 物置のドアを開けると、ネコが飛び出してきた。飼いネコのジェニーだと、俊夫が話す。

 あとは鍵のかかったワイン蔵だとオーナーは言う。

 談話室に戻り、誰もいなかったと報告するとみんなほっとする。

 51:犯人は窓を割って入ったか?

 →もっと前からペンションの中に入り込んでた

 52:死体の処理方法

 →できるわけない

 53:犯人の侵入方法

 →正面から

 54:犯人のめやす

 →僕でも真理でもない

 55:犯人はこいつだ!

 たなか

 透は、バラバラ死体は宿泊客の田中じゃないと推理する。

 スキーバックに入れられて、バラバラ死体はペンションに持ち込まれたと透は話す。

 犯人は、自分のアリバイを作るため、自動的に窓が割れる仕掛けをした上で、部屋を抜け出したと話す透。

 58:窓が自動的に割れる仕掛け

 :猫のジェニー

 猫に睡眠薬入りのえさを食べさえ眠らせておく。窓は鍵を開け、窓が開かないようにつっかえ棒をしておき、そのつっかえ棒と猫の首輪をひもで結ぶ。猫が目を覚ませば、ひもをひっぱり、つっかえ棒が外れ、窓が開くと、推理する透。

 しかし、みどりが、ジェニーが鍵のかかった田中の部屋からどうやって出たのかと、つっかえ棒のひもについて聞いてきた。

 真理がわかったと叫ぶ!

 窓の取っ手にロープをひっかけて、ロープに反対側に板をつなぐ。その板を屋根に積もった雪に中に突っ込んでおく。しばらくとすると、雪が滑り落ち、いっしょに雪の中の板も落ちる。窓はロープに引っ張られて勢いよく開き、外壁にぶつかってガラス窓が割れる!板とロープは、滑り落ちた雪の中に埋もれる。犯人は、窓から飛び降りて、その間、自分のアリバイを作っておく。

 そして、真理は、サングラスをかけた田中が、つけひげをし、美樹本としてペンションに戻ってきたとは話す!

 そして、真理が、美樹本のヒゲを引っ張ると剥がれた・・・

 美樹本は真理の腕をねじり上げ盾にするが、真理は美樹本を一本背負いで投げ飛ばす!

 真理は、護身用に合気道を習っていると話す。

 気絶している美樹本をロープでしばり、ほっとする一同。

 香山は、真理に探偵事務所を開けと勧める。

 真理は、透に向かって、助手にしておげてもいいと話す。

 安堵する一方、透は、なぜ美樹本が殺人を犯したのか?そして、被害者は誰?と思ったが、警察にまかせようと思い直す。

 完

 エンディング03:真理の一本背負い

 真理の探偵物語が解禁!

 

PR

 今日のかまいたちの夜 特別編はどうかな?

 

 登場人物

 透:主人公。大学生。真理とは、まだ正式な子意義とという感じではない・・・

 真理:透と同じ大学に通う大学生。美人でスポーツ万能。叔父である小林のペンションにやってきた。

 小林二郎:ペンション「シュプール」のオーナー。料理がうまい。

 小林今日子:オーナーの奥さん。料理は不得意。

 久保田俊夫:ペンションのアルバイト。自称大学6年生。スキー好き。

 篠崎みどり:ペンションのアルバイト。20代。ポニテ。

 北野啓子:OL3人組の一人。18歳。ぽっちゃり。

 渡瀬可奈子:OL3人組の一人。18歳。派手。

 河村亜希:OL3人組の一人。18歳。ボーイッシュ。

 香山誠一:大阪の会社社長。ハゲ。

 香山春子:香山の奥さん。上品。

 田中一郎:年齢:職業不詳。コートにサングラス姿。

 三樹本洋介:フリーカメラマン。ヒゲ面の山男。

 

 透は、この春同じ大学に入学した真理と知り合い、猛烈アタックの末、真理のほうからスキーに誘われた!

 真理の叔父の小林が信州でペンションを経営しているとのことで、誘われたのた。

 昨日、12月21日に信州へやってきた透と真理。

 今日は朝からゲレンデでスキーを楽しみ、ペンションに戻ってきた。

 5:一旦部屋に戻って

 A:談話室で落ち合った

 玄関横の談話室のソファに、透と真理が腰をかけると、2階から3人の女の子が降りてきた。

 7:どの子が好みなの?

 A→何言ってんだよ!

 3人組の一人のボーイッシュな子が、シャッターを押してほしいと頼んできたの、快く透は女の子の差し出したカメラのシャッターを切った。

 黙ってるのは何なので、お互いに自己紹介をした。

 その時、新しいお客がやってきた。大阪弁のおっさんと、その奥さんのようだ。

 鳩時計が7時を告げたが、透のデジタル時計は18:55だった。

 みどりが食事の用意ができたと知らせに来た。

 奥さんと目が合い、会釈する透と奥さん。

 10:きれいな人ね

 A→「うん」

 真理に「おおいう吹けば飛ぶような感じの人の方が女らしい?」と聞かれて、透は「真理も女らしいところもある」と答え、真理の期限を損ねさせてしまう・・・

 真理を追いかけ、食堂へ。そして、真理と同じテーブルに座る透。

 13:とっておきの谷啓

 A→きれいだ

 しかし、透は口には出せなかった・・・

 今晩の泊り客は、透と真理、OL3人組、遅れてきた夫婦、そしてコートを着たサングラス姿の男。

 22:こんなところにヤクザが?

 A「ヤクザがこんなところに?」

 見かけで判断してはいけないと思う透は、料理が運ばれてくると、あまりのおいしさにそっちに集中する。

 真理から、この料理を作ってるのはオーナーだと聞かされる。オーナーは子供の頃から料理人になりたかったそうで、サラリーマンをやっていたたが、脱サラしてこのペンションを始めたとのこと。真理のお母さんのお父さんが、このあたりの山を持っているので、ペンションを始めるにはそんなに苦労はなかったとのこと。

 食事を終え、デジタル時計を見ると、19:55.。

 ナイタースキーに行こうと透を誘う真理に、みどりが天候が悪いから外に出ないほうがいいと教えてくれる。

 そこへみどりと同じアルバイトの俊夫がやって来て、万が一ペンションに閉じ込められるような事態になっても、食料はたっぷり用意しているので、3週間は大丈夫だと話す。

 明日、帰るのは無理だろうと言われた透。

 25:俊夫の「滞在伸びてもいいよな」

 A→「もちろん」

 フロントの方で声がする。OL3人組がオーナーに詰め寄っている!

 部屋にこんなものが落ちてたとオーナーに、紙切れを見せているが。そこには赤マジックで「こんや、12じ、だれかがしぬ」と書かれていた!!!

 部屋のドアは、ちゃんと鍵をかけていたことから、ドアの隙間からこのメッセージは入れられたらしい。

 気持ち悪いので部屋を変えてほしいと3人組は言い始めるが、換え部屋にはテレビがないとのこと。啓子が「ロンバケ」=ロンドンで万馬券の最終回を見たいとワガママを言いだし、結局、部屋を変えても意味がなさそうという結論になり、3人組はそのまま部屋の戻っていく。

 28:透のいたずら?

 真理に聞かれて、A→「「冗談じゃない」と答える透。

 その時、フロントの電話が鳴り始めた。

 オーナーの声が丸聞こえで、今晩宿泊予定の美樹本という人が駅に着いたと連絡を入れてきたのがわかった。オーナーは、吹雪なので到着まで30~40分かかると答えていた。

 そこへ大阪弁の男がやってくる。

 オーナーは、大阪弁の男を香山さんと呼び、真理を自分の姪、透を義理の甥になるかもしれないと紹介する。

 オーナーは、香山のことを、サラリーマン時代に世話になった大阪の社長さんだと紹介する。

 31:「どや、うちへ来んか」

 B→「ぜひお願いします」

 32:「どや、うち来んか」2

 A→「ですから、お願いします」

 香山は、実力主義で学歴なんか関係ないから、大学をすぐやめて大阪へすぐ来いと透に話す。

 真理に

 34:「じゃあもう会えないわね」

 →「真理、結婚して一緒に大阪に来てくれ!」

 真理に振られ、大学に退学届を出した透は、大阪へ旅立った。

 それから20年、真理に一度も会うことはなかった。

 香山の引退後、透が会社を引き継いだ。結婚して、子供の二人できた。

 そして、今、透は妻と二人、車母知らせて、思い出のペンションへとやってきた。

 オーナーはすっかり白髪になっている。このあとま殺人事件に巻き込まれるとは、この時は、思いもよらなかった・・・

 終

 エンディング12:社長やってますわ

- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
プロフィール
HN:
弐位
性別:
非公開
職業:
中間管理職
趣味:
もちろんゲーム
自己紹介:
 ヘタレ勇者です。更新は気の向くまま、3日坊主で終わることもアリ。
ゲーマーズタグ
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/18 BlogPetのゴーシュ]
[10/11 BlogPetのゴーシュ]
[08/23 ラテ]
[07/06 BlogPetのゴーシュ]
[07/05 弐位]
アルカナ・コレクション
 いい勝負しようぜ!
アクセス解析
バーコード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック